【節電】夏のカーテンの開閉 – 遮光カーテンで涼しく過ごす

スポンサーリンク
節約アイデア

日本の夏は猛烈に暑いですよね。エアコンが無い生活は考えられなくなってきています。

地球温暖化防止、節電の為にも、エアコンをつけるのを我慢したいところですが、体を崩してはいけませんよね。やはり、日本の夏を乗り越えるためには、エアコンが必要です。

今回は、私が実施している夏の暑さ対策の一つで、部屋の温度上昇を防ぐ方法を紹介したいと思います。節電にも繋がりますので、是非、ご一読下さい。

スポンサーリンク

遮光カーテンの使用 – 部屋の温度を上げない工夫をする –

みなさんは、『遮光カーテン』をご存知でしょうか。遮光カーテンは、名前の通り、太陽の光を遮るカーテンです。

私の家のカーテンはすべて遮光カーテンです。

日当たりのいい家だと、家の中を明るくするために、カーテンを開けますが、夏の場合、部屋の中に日光が入り、家の中が猛烈に暑くなってしまいます。ビニールハウス現象ですよね。そういう時は、カーテンを閉じて、日光を防ぐことで、家の中の温度上昇を和らげることが出来ます。遮光カーテンの場合、通常のカーテンと違い、ほとんどの光を遮るので、部屋の温度上昇をさらに抑えることができます。

部屋が暗くなる場合は、明るさを取れるぐらいにカーテンを開けるだけでも、かなり違ってきます。また、日中、カーテンを全部閉めて、家の照明を点けて、エアコンを稼働させておくにして、全体的には節電に繋がると思います。それだけ、夏場の太陽光は激しいものですので。

レースカーテン – 意外と風を防いでいます –

エアコンをつけないぐらいの暑さの時は、窓を開けて風を入れて涼をとりますよね。その際は、部屋の中が見えないように、レースカーテンをする人が多いかと思います。

ただし、レースカーテンは意外と風を遮ります。レースカーテンがなびくというのは、レースカーテンに風が当たって、風が通り抜けできないことを意味します。もちろん、すべての風を遮っているわけではありません。

風を部屋の中に効率的に入れるのであれば、レースカーテンは開けておきましょう。外の目が気になる方は、全開にしないで、少しだけレースカーテンを開けておくだけでも変わります。それだけ、風が通りやすくなりますので、涼しさも変わってきます。

まとめ

夏場の暑さを乗り切る為には、日中は遮光カーテンを使って、太陽光を部屋に入らないようにして温度が上昇するのを防ぎましょう。

窓を開けて、風を通すときは、レースカーテンを開けて、風を通しやすくしましょう。

日本の夏は蒸し暑いです。エアコンを使わないと過ごしていくことが厳しいです。カーテンを使って、温度上昇を抑えれば、エアコンの節電にも繋がります。是非、試してみて下さい。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました