【FX】2021年6月14日~6月19日、ドル円為替予想 – FOMCで大きく動くか?

FX

【今週のドル円分析】

今週の主な指標結果
指標前回予想結果
貿易収支-750億USD-687億USD-689億USD
MBA住宅ローン申請指数-4.0%-3.1%
消費者物価指数[前月比]+0.8%+0.5%+0.6%
消費者物価指数[前年比]+4.2%+4.7%+5.0%
ミシガン大学消費者信頼感指数82.984.286.4

参照:GMOクリック証券

65pipsと2021年で一番狭い値幅になりました。

前回も注目された消費者物価指数(前月比、前年比)が予想を上回り109.8円まで上昇しました。また、アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数も予想を上回り109.8円を付ける動きになりました。

最近の変動の要素の10年国債金利が1.50を下回り、ドルが売られることがありましたが、大きな下げには至らず底堅い印象を残しました。

テクニカル的には4時間足、日足の上昇チャネルの下限にいる形になっています。

4時間足 上昇チャネルの下限

 

ドル円1時間足:2021年6月7日~6月12日

 

今週のレンジ

高値109.841円安値109.189円終値109.663円
先週より上昇⇧(先週:高値110.327円、安値109.330円、終値109.535円)

【来週の為替予想】

1.13日まで開催されるG7の報道を気にして、14日を迎えたい。

2.18日日銀金融政策決定会合。⇒東京時間に動く可能性

3.17日、FOMC政策金利発表。金利予想は前回と同じ。パウエル議長の発言に注意したい。テーパリングについて発言で、大きく動く可能性。⇒FOMCまで様子見のレンジの可能性

4.10年国債金利が1.50を下回る。⇒大きなドル売りにならなかった⇒少しでも戻せばドル買いの動き

5.4時間足、日足では、上昇チャネルの下限にいる状態⇒上限に向けて動く。⇒上昇

来週の主な指標結果
指標前回予想
ニューヨーク連銀製造業景気指数+24.3+22.0
小売売上高[前月比]0.0%-0.5%
生産者物価指数[前月比]+0.6%+0.5%
鉱工業生産[前月比]+0.5%+0.6%
MBA住宅ローン申請指数[前週比]-3.1%
住宅着工件数156.9万件164.0万件
FOMC政策金利[上限]0.25%0.25%
FOMC政策金利[下限]0.00%0.00%
新規失業保険申請件数37.6万件36.0万件
景気先行指標総合指数[前月比]+1.6%+1.1%

参照:GMOクリック証券

今週は今年1番の狭いレンジだったことから、来週のFOMC、パウエル発言で大きく動くと見ています。また、底堅い動き、テクニカル的にも上昇のターンで上方向に見ています。但し、早期テーマリングが後退する発言が示唆されれば、大幅な下落になるので注意したいです。

来週の予想レンジ

目線:上目線のレンジ
高値:110.9円安値:108.5円

ドル円 – 日足

黒枠のボックス(110.9円から108.5円)での動きを予想しています。

先週と同じ予想レンジです。

水色の上昇チャネルの下限付近で終わっているので、来週は上限に向かうと見ています。

但し、FOMCまではレンジの動きをするのではないでしょうか。

109.8円を超えれば111円台、109.2円を割れば108円台となり、一旦は大きく動くとみています。

重要なラインとして、110.2、109.8, 109.35, 109.2, 108.9、108.6円付近を見ています。

2021年6月14日~6月19日 ドル円予想 日足

クイズを解いて勝率アップ!FXチャート&資金管理 実践トレーニング
ソーテック社
チャートが見える、読める!ライン分析、トレンド、ダウ理論、MACD、RSIを使って、チャートと資金管理をクイズ形式で、今後の相場を読むトレーニング本です!

Youtube動画

今週の収支はYoutubeに掲載しています。

【MT4】ABCインジケーター 自信作!?

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料。メンバー勧誘などありません。安心してご使用下さい。SNSで宣伝してくれると嬉しいです)。まあまあの自信作揃いです。

Twitter

FXに関して呟いています。
是非、Twitterのフォローもお願いいたします。

<<前回の為替予想 次回の為替予想>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました