FX エントリーすると逆方向にいってしまう時に確認したいこと

FX

エントリーと同時に逆方向に行ってしまうことについてまとめました。自分の投資の備忘録を兼ねています。

初心者向きの内容になります。ご自身の投資と照らし合わせて、何かプラスになるものを得られれば幸いです。

50%の確率

エントリー後に逆方向に行ってしまうのは、確率的に50%だからでしょうか。

上がるか下がるかの2択なので、自分が望んだ方向に行く場合もあれば、逆方向に行ってしまう場合もあります。

短期足に騙される

それは順張りのエントリーで入った場合ではないでしょうか。

例えば、『上がっているので、買いでエントリー』しているのではないでしょうか。

価格は短期でも波を打っているので、逆方向に一時的に行くことはあるので、心配することは無いでしょう。

例えば、長期足で上昇しているのであれば、エントリー直後の逆方向は短い時間足での下落になので、長期的にみればトレンドに乗っていることにでなるので、エントリー的には問題ありません。

気を付けなければならないのは、長期足のサポレジ部分になっていないか。長期足のサポレジ部分に当たってしまっているのであれば、逆方向のトレンドに巻き込まれるのかもしれません。

押し目買い、戻り売りが待てない

ほとんどの方はエントリーに対しては慎重です。

しかし、その慎重さゆえに、押し買い、戻り売りを待てない時があるのかもしれません。

例えば、上昇トレンドの時に、押し目を待っているのですが、一向に押し目になる状態にならずに、我慢しきれずにエントリーしてしまうということです。そして、そのエントリーが戻り売りのエントリーポイントとなるというわけです。

待ちきれなく損失をだしてしまう方は、指値エントリーがいいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私の場合は、押し目買い、戻り売りのポイントまで待てなく、逆行してしまうことが多かったです。指値を入れてのエントリーはしていませんが、ポイントまで来ない時はエントリーを控えることで逆行することは減りました。

ただ、どんな状況においても、100%シナリオ通りにいくわけではありません。うまくいかない場合も必ずあります。なので、逆行したからといって冷静さを失わないことが大切です。

勝てるトレーダーになるには自分のメンタルが強くなることが大切ですね。

トレード、頑張っていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました