ペットボトル鉢から根が見えた -サツマイモ、アボカドは成長が早い

スポンサーリンク
生活と暮らし

以前、植木鉢を節約する案として、『ペットボトルから植木鉢を作る』記事を書きました。

エコ鉢?ペットボトルで観葉植物の植木鉢を作る!
ペットボトルで植木鉢を作りました。植木鉢を買っていたのですが、プラスチック製品がこれ以上増えるのが嫌だったのと、お金を節約したいという思いから、今あるもので作れないかと考え、ペットボトルで作成することにしました。作ってみたところ、いい感...

なんと、それらの鉢から根を見ることが出来ましたので、紹介したいと思います。

現在、プラスチック容器の植木鉢は4個ありまして、そのうち2つは、アボカドとサツマイモを育てています。

まず、紹介するのは、いつものアボカドです。かなり大きくなってきてます。

種から育てたアボカド

次の写真は鉢の下の部分ですが、白く見えるのが根です。容器に光が反射して見えにくいですが、根が下まで伸びています。

アボカドの根

次の写真は、下側から撮影した物です。星形に根が拡がっているのが分かります。

アボカドの根、下側

このアボカドを育ているのは、ペットボトルではなく、乾燥海苔の入れ物です。実は、このプラスチック容器がペットボトル鉢を含めて、初めてのリサイクル植木鉢です。なので、半田ごてを使って、穴を空けるようなことはしていなく、カッターと千枚通しで、スリットと穴を空けています。

次に紹介するのがサツマイモです。サツマイモの先に芽が出ていたので、切って2020年8月16日に植えたものです。11日ほどで、はっきりと葉が付くようになりました。

サツマイモ

驚いたのは、根です。植えた時は、根が無かったのですが、11日ほどで、こんなに根が出来て、伸びているのです。

サツマイモの根①

サツマイモの根②

サツマイモは成長が早いですね。

今のペットボトル鉢は500mlのペットボトルを半分に切って作った物なので、この調子だと、すぐに根詰まりしてしまいます。

芋を作ることを考えてないので、根を剪定して、観賞用として育てようかなと思っていますが、成長速度から考えると、早めの対処が必要になるので、悩み中です。

ほんと、どうしよ。。。


最後に、ペットボトル鉢についてですが、このように根の様子が見れるという利点がありますが、下の土に日光が当たってしまうので、土の中に植物の種のようなものがあると、それらも成長してしまいます。

その為、ペットボトル鉢の中は緑がかっている所があります。

可能であれば、鉢の周囲を囲って日光を遮るようにした方がいいと思います。囲ったものを取り外せば、鉢の中を観察できますし、土の中で、他の植物は成長しません。

なので、ペットボトル鉢を作ろう考えられてる方は、気を付けて下さい。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました