2022年 ドラゴンフルーツの気根

園芸

2022年7月25日の写真になります。

ドラゴンフルーツから気根(aerial root)が生えていたので、紹介したいと思います。

今年になって大きく成長しまして、よく見ると、気根が生えていました。

大体が1本の気根が生えています。

これらの気根が育ってきて、添え木などに絡んでくるそうです。添え木には紐が必要ですが、これらの気根も絡んでくるとなると、ガジュマルのような感じになりそうですね。

ただ、そのように気根が十分に伸びて来るまでは、まだまだ時間がかかりそうで、冬越しをさせて、来年につなげたいですね。

ドラゴンフルーツ 赤肉&白肉 各1個【果樹苗 10.5cmポット/赤肉&白肉 各1個セット】サボテンの仲間。丈夫で育成が簡単!花は月下美人に似ており、一晩限り咲く豪華な花は美しく、南米では「貴族の夫人」と呼ばれています。市場で流通している果実は早取りされ蒸熱処理を施されて甘みが乗っていない事が多いです。完熟まで育てて是非本来の味を味わってください。また食物繊維や栄養価が高いので、美容と健康にも良い!栄養満点のスーパーフルーツ!
ITANSE
ドラゴンフルーツ(別名:ピタヤ)は、サボテンの仲間で、果皮が竜のウロコのように見える為、その名が付きました。 花は月下美人に似ており、強い芳香があり、夜に咲き、朝に萎みます。 丈夫で手間が掛かりませんので、人気が出てきています。 味は上品であっさりしており、食物繊維やビタミンC、ミネラルなどを多く含み、低カロリーでダイエットにも適しています。
園芸
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
OPTY LIFE(オプティライフ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました