絶対得!消費税10%増税前に購入しておいた方がいい物 – 軽減税率とは

スポンサーリンク
生活と暮らし

2019年10月1日より、消費税が8%から10%に引き上げられます

もう1か月を切っているので、どんなに景気が悪くても増税の延期はおそらく無いでしょう。

そこで、消費税増税前に、購入しておいた方がいいものをリストアップ致したいと思います。

スポンサーリンク

軽減税率とは – すべての物が増税されるわけではない

まず、最初に『軽減税率』について説明したいと思います。今回の消費税増税は、すべての品目に対して10%増税されるわけではありません軽減税率が適応される品目に対しては、消費税は8%に据え置きのままになります。

下記の2品目が軽減税率の対象となります。

飲食料品:飲食料品とは、食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。)をいい、一定の一体資産を含みます。外食やケータリング等は、軽減税率の対象品目に含まれません。

新聞:新聞とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的、事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。

*図は国税庁の軽減税率制度についてのリーフレットより。

増税前に購入しておいた方がいいもの – 飲食料品以外のもの

先ほどの軽減税率の品目に飲食料品があったので、これらに関しては増税前に購入する必要はないという事です。お米、醤油、お味噌などは8%のままになるので購入する必要はありません。では、どういった物を購入しておいた方がいいかリストアップしました。

  • お酒
  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 市町村のゴミ袋
  • 車のガソリン給油
  • 下着
  • 洗剤
  • シャンプー・リンス・石鹸
  • タバコ

主に消耗品です。特に、トイレットペーパーティッシュペーパーは大量に買っておいても、絶対に消費するものなので、買っておくべきものです。

ビールなどのお酒は軽減税率には含まれません。お酒は除外されていますので、お酒を飲まれる方は、増税前に購入しておいた方がいいです。

購入するタイミング – 増税直前では品切れの可能性

多くの方が、増税前に一斉に購入することになると思います。つまり、増税が実施される前日には、品切れになっている可能性があります。

もちろん、店側もそのことは十分に予想して、物を準備するとは思いますが、品切れになってしまう場合もあります。

9月前半まで、余裕をもって購入された方が、いいと思います。

私は喫煙者ではありませんが、特にタバコを吸われる方は好きな銘柄が、前日だと売り切れや品数が少なくなってしまうことが予想されるので、注意された方がいいです。もしくはこれを機に禁煙された方がいいかもしれませんね。

まとめ

増税前には、必ず使用する消耗品は購入しておいた方がお得です。また、欲しいと思い悩んでいる商品も、お財布と相談しながら購入を検討された方がいいと思います。わずか2%の増税という方もいますが、この2%は非常に大きいです。税抜き100万円の物が、税込みで108万円から110万円に2万円値上がりするのですから、高額の商品を購入検討されている人に取ってはきびしいですよね。おそらく増税前には、車の販売台数が増えると思われます。

消費税の増税に関しては、ここ10年ぐらいは10%で据え置きして欲しいものですね。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました