『better late than never』の意味は?

英語

better late than never』って文章を会話やSNSなどで見たことはありませんか?

今回は『better late than never』の意味を紹介したいと思います。

『better late than never』の意味は?

まず、それぞれの単語を訳してみます。

  • better than ~、~よりいい、goodの比較級
  • late 遅い、遅く
  • never 決してない

まず、never より lateの方がいいという解釈が出来ます。

lateは形容詞で『遅い』、副詞で『遅く』という2つの品詞を持ちますが、neverは副詞ですので、lateも副詞になり、 『遅く』 と解釈されます。

直訳すると、

遅くより決してない方がいい

という風になります。

当然のことながら、この熟語は省略されている文字があります。正式には次の文章になります。

It is better to do something late than to never do it at all.
(何も全くしないより遅くてもした方がいい。

つまり、『何かしないよりした方がいい』という意味になります。

類似表現

似たような表現を紹介します。

Better than nothing.
(何も無いよりはマシ。

A live dog is better than a dead lion.
(命あっての物種。

ライオンは強くてかっこいいけれど、死んでしまったらどうしようもないですよね。つまり命の大切さを伝える意味から来ています。

You’d be better off saying nothing.
(黙っていた方がいい。

上記の表現とは異なりますが、『better off』を使った表現も憶えておきたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

英語の勉強も『better late than never』です。要は諦めないことが大切です。

今日出来なくても、明日する。焦らないことが大切です。そして何よりも、楽しく勉強することが一番ですね。

友人との会話では、今回のフレーズを使って、身につ行けて行ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました