改善しよう!!ネイティブとの会話での日本人の悪い癖

英語

こんにちは。

今回はネイティブと会話での日本人の悪い癖に気が付いたのでシェアしようと思います。

この癖を直せれば、発音も上達すると思います。

日本人の悪い癖

学校や仕事でネイティブの方と話す機会があると思います。

しかし、日本人にとっては英語の発音て難しいので、会話が理解できない時がありますよね。

子供のころから一生懸命勉強しているのに、社会人になっても英語の発音が分からないっていう方多いと思います。

それはつまり、正しい英語の発音と学生時代に憶えた発音と違うという事です。

そして、ネイティブと日本人の会話で、日本人の悪い癖を見つけました。

例えば、ネイティブの人との会話の中で、ネイティブの人が『whatever』という発音をしたとしましょう。

そうすると、日本人は最初聞き取れずに、ようやくネイティブの人が 『whatever』 と言っていることを理解します。

その時に日本人が必ず言うのがワットエバーね!!と、日本語に改めて言い直すのです。

これが日本人の悪い癖です。

ネイティブの発音で覚えよう

ここで、発音を学べる方は 『whatever』 をネイティブの発音で覚えるようにしますが、発音が苦手な方はカタカナ英語で 『ワットエバー』と頭の中で再インプットしてしまいます。

ここで伝えたいことは、ネイティブの英語を日本語発音に直すのではなく、ネイティブが発音を覚えるようにしましょう。

自分の発音とネイティブの発音が乖離していれば、メモをとったり、次回からの会話でその発音を使うようにしていきましょう。

そうすることで、正しい発音を徐々に習得していくことが出来ます。

正しい発音をマスターすれば、会話の内容も理解でき、自分の英語も相手に理解してもらえるようになります。

また、記憶していた発音と、正しいネイティブの発音が違えば、それは楽しい発見で、よりレベルアップを感じられるようになりますよ。やはり楽しみながら英語学習していきたいですよね。

英語の最大の難関は発音なので、上記の癖のある方は気を付けて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました