無知なんですけど、製造された燃料の量が、燃料を製造するための燃料の量を超えることがあれば、無限に燃料が製造できると思う。

スポンサーリンク
環境問題

今回は、ちょっとした独り言です。なので、『貴方、無知ですね』って思わないでくださいね。

どうすれば、石油や石炭から脱却出来るのだろうかと考えています。

最近、よく目にする、水素を風力発電で製造する、ゼロエミッション化の報道を目にします。

これは、自然のエネルギーから電力を発生させ、水素燃料電池で使われる燃料の水素を製造するプロセスです。よって、火力発電での電力は使われていません。

水素燃料電池は、電気を発生します。この電気は電気自動車でしようされます。そこで思ったのは、水素を製造する為に、水素燃料電池を使ったとして、製造される水素の量が、製造で消費される水素の量より多くなれば、永遠に水素が製造できると思うのです。

つまりこういうことです。

燃料を製造するためのエネルギー < 製造された燃料が出力できるエネルギー

水素を製造するために、どれほどの電力がかかるかわかりません。上記が出来ていないので、相当な電力が必要なのだと思います。しかし、将来、効率よく燃料を製造できる技術が開発され、消費される燃料より、製造される燃料が大きくなれば、永遠に水素が出来ると思いました。

もしそうなれば、自然エネルギーからの電力が不要になり、水素製造サイクルで永遠と水素が製造されていくことになります。

水素製造の他には、太陽電池です。太陽電池で点灯する照明があるとします。その照明が、自分の点灯した光で発電することが出来たら、永遠に照明が点灯する無限ループになりますよね。

エネルギー保存の法則で、理論的には無理かもしれませんが、技術革新がしていけば、いつか可能になるのでは思っています。そうなったら、電気は家単位で自家発になるかもしれないですね。

今回は、独り言でした。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました