豆乳などのテトラパックはリサイクル出来る

環境問題

こんにちは。
豆乳などの容器で使用されているテトラパック(アルミ付き紙容器)のリサイクル便について話したいと思います。

テトラパックとは?

テトラパック』というのは豆乳などの容器で使用されているアルミ付き紙容器のことを指します。

似た容器があるかもしれませんが、テトラパックの容器には下記のロゴが印刷されています。このロゴが印刷されていればテトラパックになります。

テトラパックリサイクル便とは

牛乳パックの容器の回収ボックスはスーパーにありますが、テトラパックの回収ボックスは見たことは無いと思います。(大手のスーパーには回収箱がおいている場合があります)。

ただ、回収ボックスが無いからと言って、回収されているわけではないのです。

なんと、郵送で回収をしているのです。

それが今回紹介する『テトラパックリサイクル便』なのです。

テトラパックの返送に関して、下記の通りになります。送り側には負担はありませんよね。

  • 送る側の費用は一切かからない
  • テトラパックであれば、メーカーは問わずに回収
  • 返送用の箱に入れば、容器は任意のサイズでいい。

テトラパックを送る流れ

  1. テトラパックリサイクル便のサイトでメンバー登録をします(登録費用は掛かりません)。
  1. テトラパックリサイクル便のサイトでテトラパックを返送する為の専用回収箱を請求する。
  2. テトラパックを回収箱に入るだけ入れる。1回で沢山のテトラパックが送付出来れば、テトラパックリサイクル便を運営されている方に費用負担が減るので、こちらとしては協力したいですよね。
  3. 回収箱を郵便局に持って行き送付する。

キャップ付きの容器の開き方

  1. 開く前に容器を水で濯いで(すすいで)中をきれいにしておきましょう。そうしないと、開いた時に周囲を汚してしまうことになります。
  2. 容器の上下に三角に折りたたんだ角があり、外側に開きます。
  1. 容器をペタンコにします。
  1. キャップの裏側の面から、キャップを押すと、キャップが出てきます。キャップには留める為に尖っている所があるので注意して下さい。踏むと痛いですよ(笑)。
  1. キャップを外すことが出来ました。キャップはプラゴミとして捨てて下さい。
  1. 折れ目の所をハサミで切ります。口が開けば、ハサミを容器の中に入れて上に切り開きます。
  1. 容器を開いて終わりです。

まとめ

テトラパックをそのまま廃棄すれば焼却処分になりますが、リサイクル便に送ってリサイクルすればトイレットペーパー等の材料となるのでリサイクルする方がいいですよね。

またリサイクル便で送れば、家庭で出るごみの量も減ります。その減った分を別のゴミに入れることが出来ることになるので、ゴミ袋に余裕が出来ますよね。

豆乳などを飲まれている方は、是非、リサイクル便を使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました