大手店舗のレジ袋有料化の取り組みでレジ袋の価格はいくらになる?

スポンサーリンク
環境問題

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まります。

現時点(2020年7月1日)の各店舗のレジ袋の(価格)値段をシェアしたいと思います。

税込・税別が解らないものは、値段の横に何も記載していません。まだ価格が不明な店があり、適宜、情報を追加、修正していく予定です。もしお店の方で情報がありましたらお知らせいただけると助かります。

スポンサーリンク

百円ショップ

ダイソー(DAISO)

  • S サイズ 2円(税込)
  • M サイズ 4円(税込)
  • L サイズ 7円(税込)

2020年7月1日から有料化開始。ダイソー関連の300 円ショップ THREEPPY(スリーピー)、CouCou(クゥクゥ)、
PlusHeart(プラスハート) はレジ袋の値段が異なり、Sサイズ 5円、Mサイズ8円、Lサイズ15円、LLサイズ25円になります。

レジ袋の一部は『植物由来ポリエチレン』を使用。

情報元:ダイソーホームページ

セリア

  • 小(縦52cm×横30cm) 3円(税別)
  • 大(縦74cm×横38cm) 5円(税別)

2020年7月1日から有料化開始。

レジ袋は『環境にやさしい素材』を使用。

情報元:セリアホームページ

キャンドゥ

  • Sサイズ 2円
  • Mサイズ 4円
  • Lサイズ 7円

情報元:exite news

ワッツ・ミーツ

  • LLサイズ 3円
  • 4Lサイズ 5円
  • 特大サイズ 7円

情報元:exite news

コンビニエンスストア

セブンイレブン

  • 特大サイズ 5円
  • 大・中・小・弁当用 3円

2020年7月1日から有料化開始。情報元:FNN

ファミリーマート

  • 全レジ袋 3円

2020年7月1日から有料化開始。情報元:日本経済新聞

ローソン

  • 全レジ袋 3円

2020年7月1日から有料化開始。情報元:日本経済新聞

セイコーマート

  • 無料

7月から30%配合のレジ袋(バイオマス素材を25%以上配合した袋を有料化の対象外)に切り替え、無料で配布。情報元:読売新聞

スーパー

イオン

  • 雑貨ポリ袋M 2円(税別)
  • 食品ポリ袋L 3円(税別)
  • 衣料専用ポリ袋LL 5円(税別)
  • 手提雑貨用ポリ袋LL 5円(税別)
  • 紙袋全種 10円(税別)

実施済み。情報元:イオンスクエアホームページ

イトーヨーカドー

  • レジ袋 2円(税込)

実施済み。情報元:イトーヨーカドーホームページ

ダイエー

  • 2Lサイズ 3円
  • 3Lサイズ 5円

実施済み。情報元:ダイエーホームページ

西友

  • お弁当・お刺身用袋 2円~
  • 食品用袋 5円
  • お花用袋 5円
  • 衣料用 2円~
  • 住居用袋 2円~
  • 紙袋 20円から

2020年7月1日から有料化開始。

レジ袋は『サトウキビを原料とする植物性プラスチックを30%』を使用。

情報元:西友ホームページ

衣料店

ユニクロ

  • 紙製レジ袋 10円(税別)

2020年4月1日から有料化する予定でしたが延期しています。情報元:日本経済新聞

しまむら

  • 無料

植物性由来の原料を25%以上配合したレジ袋で対応。しまむらは、配布したレジ袋を1円で回収してリサイクルするシステムを導入しています。情報元:しまむらホームページ

ホームセンター

ニトリ

  • 全種類 5円

実施済み。情報元:各ブログ

コーナン

  • LL サイズ 5 円(税別)
  • L サイズ:3 円(税別)
  • 切花用:3 円(税別)

2020年7月1日より実施。情報元:コーナンホームページ

カインズホーム

  • 特大 5円
  • 大 3円
  • 中 2円

2020年7月1日より実施。上記価格は税込みか不明。情報元:カインズホームページ

家電量販店

ヤマダ電機

  • 最小サイズ 3円
  • 特大サイズ 10円

情報元:Yahoo News

飲食店

すき家

  • 無料

7月から植物性バイオマス素材25%以上配合のレジ袋に切り替え、無料で配布。情報元:すき家ホームページ

吉野家

  • 無料
7月から植物性バイオマス素材のレジ袋に切り替え、無料で配布。情報元:吉野家ホームページ

マクドナルド

  • 無料
7月からバイオマス素材の配合率が25%以上のレジ袋に切り替え、無料で配布。情報元:マクドナルドホームページ
 

ケンタッキー(KFC)

  • 無料
バイオマス素材の配合率が30%以上のレジ袋に切り替え、無料で配布。情報元:食品産業新聞社

最後に

これからのレジ袋は『植物性プラスチック』を含んだもの、そして『堆肥化するもの』が多くなってくるそうです。

プラスチック製レジ袋を削減することで、海洋ゴミ対策、地球温暖化対策に繋がります。これからはマイバックを使うようにしたいですね。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました