アサヒ飲料 PETボトルの水平リサイクル

環境問題

アサヒ飲料では、PETボトルを2030年までに全量を環境配慮素材に切り替える方針です。

ペットボトルの完全リサイクルということになります。つまり、購入した飲料のペットボトルが、回収後、再び新たなペットボトルとして製造されることになるということです。

ペットボトルがペットボトルの原料となるということですね。

使用済PETを化学的に中間原料まで分子レベルに分解した後に不純物を除去し、精製することにより石油由来の素材とほぼ同等の品質であるPET原料に何度も再生できるケミカルリサイクル技術

アサヒ飲料のHPより

今回使用される技術のすごい所は、分子レベルに分解とあります。今まで課題であった、汚れているなど質の悪いペットボトルでも分解し、同等のペットボトルに再生できるということになります。色々な場所に廃棄されているペットボトルもゴミではなく、原料になれるというのは素晴らしいですね。

この仕組みが全国区で広まれば、原油からペットボトルを作る必要が無くなりますね。

記事には記載されていませんが、ペットボトルからペットボトルを再生するコストは、原油からペットボトルを製造するコストより高いはずです。

再生コスト方が安くならなければ、この仕組みの拡大は厳しいかもしれません。

このコストを逆転させるために、私たちはペットボトルを回収ボックスに入れること、道端に落ちているペットボトルを回収ボックスに入れるなど協力していかなければなりません。

環境問題を解決する為には、企業のみに頼るのではなく、私たち消費者も協力していかなければなりません。このPETボトルの水平リサイクルを実現する為に、ペットボトルの回収など協力していきたいですね。

アサヒ飲料さんの目標を応援していきたいと思います。

 

江戸に学ぶエコ生活術
CCCメディアハウス
日本建築やデザインの美しさに魅了されたアメリカ人研究者が、新たに着目したのがサステナブルな社会を実現した江戸の暮らしです。

環境問題
スポンサーリンク
フォローする
OPTY LIFE(オプティライフ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました