イオングループのスーパーの資源ごみ回収ボックスを利用する

環境問題

みなさん、食品トレイ、牛乳パック、ペットボトル、缶などの資源ごみはどこに捨てていますか?

市の分別のゴミとして、捨てていますか?

私はスーパーの資源ごみ回収ボックスに持ち込んでいます。

今回は、イオングループのスーパーの資源ごみを回収ボックスについて話したいと思います。

スポンサーリンク

イオン系スーパーの資源ごみ回収ボックス

イオングループのスーパーは、店名がイオンマックスバリュ等たくさんありますよね。おそらく、イオンは日本で一番大手の小売り業者ではないでしょうか。

私の住まいの近くには「マックスバリュ」があります。そして、店舗前には、資源ごみの回収ボックスが置かれています。回収ボックスは『ペットボトル』、『食品トレイ』、『牛乳パック』、『アルミ缶』、『スチール缶』の5種あります。

店舗によって、アルミ缶やスチール缶の回収ボックスが無いところがあります。大きな店舗では、古紙も回収しているところがあるそうです。

アルミ缶、スチール缶

食品トレイ

ペットボトル

私が回収ボックスを使用する理由

では、どうして回収ボックスを利用するのでしょうか。

市町村のゴミ回収の日に出してもいいのではないかと思われるかもしれません。

私が、回収ボックスを利用する理由は、資源ごみが回収されて、きちんとリサイクルされるのを期待しているからです。

市のゴミの回収も分別されていますが、どのように処理されているのか見えません。しかしイオンでは、資源がリサイクル活動がされているのをホームページ等で確認できるので、スーパーの回収ボックスを利用したくなります。

また、スーパーへ資源ごみを持ち込む事で、市が回収するゴミの量が減るので、市へのゴミ処理の負担が減ります。

そして、消費者側にとっても、回収ボックスに資源ごみを持ち込む事で、行政のごみ袋を使用する頻度が減らせます。行政のごみ袋は安くはありませんので、行政のごみ袋の使用を減らせれば、節約にもつながります。

回収ボックスを利用する時の注意

回収ボックスを使用する時に気を付けないといけないことがあります。

洗って乾かす

すべての資源ごみ(牛乳パック、食品トレイ、ペットボトル、缶)は洗い、乾かしてから持っていきましょう。

たまに見受けられるのは、洗っていない容器。汚いし、臭いもします。せっかく多くの方が、きれいになったものを入れているのに、汚れた容器を入れられると、一緒に汚れてしまい、洗ったことが無駄になってしまいます。そして、スーパーの店員の方にも迷惑です。必ず、洗い、乾かしてから回収ボックスに入れましょう。

食品トレイの種類

すべての種類の食品トレイを回収していません。

回収ボックスの前に注意書きがあります。白色以外はダメ、白色でも納豆の容器はダメ等。注意書きをしっかり読みましょう。食品トレイの回収ボックスに違うトレイが入っていることが多いです。

ペットボトルのキャップ、ラベルを外す

ペットボトルはキャップ、ラベルを外してから入れるようにしましょう。

もちろん、ペットボトルも中身を洗って乾かさないといけません。やはり、飲んだ後のペットボトルが入れられていることがあります。これも、スーパーの店員の方にも迷惑なので止めましょう。

キャップは、別途、回収する箱があったりします。ない場合は、家庭ごみで捨てましょう。

まとめ

今回はイオングループの回収ボックスについて紹介しましたが、他のお店も資源ごみの回収を行っています。店によっては、いろいろな種類の資源ごみを行っているので、また紹介していきたいと思います。

上記にも書きましたが、回収ボックスに汚れた容器が入っていたり、全く違うゴミが入っていることにがっかりすることがあります。ごみならゴミ箱に捨てればいいのに、なぜ回収ボックスに入れるのだろうかと思う時があります。お店が地球環境の為に行っているので、迷惑はかけて欲しくないです。

私たちは、お店の方が回収しやすいように努力していけば、よりお店側も積極的に回収してくれると思います。

個人的なことですが、資源ごみを回収ボックスに入れて、また資源となると考えると心がすっとします。ストレス解消に繋がりますよ。

是非、利用しましょうね。

江戸に学ぶエコ生活術
CCCメディアハウス
日本建築やデザインの美しさに魅了されたアメリカ人研究者が、新たに着目したのがサステナブルな社会を実現した江戸の暮らしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました