イオングループのスーパー – 資源ごみ回収

スポンサーリンク
環境問題

みなさん、食品トレイ、牛乳パック、ペットボトル、缶などの資源ごみはどこに捨てていますか?

市の分別のゴミとして、捨てていますか?

今回は、上記の資源ごみを回収しているイオングループのスーパーについて紹介したいと思います。

イオングループのスーパーは、店名がイオン、マックスバリュ等です。イオンは日本で一番大手の小売り業者ではないでしょうか。

私の住まいの近くには「マックスバリュ」があります。そして、店舗前には、資源ごみの回収ボックスが置かれています。回収ボックスは『ペットボトル』、『食品トレイ』、『牛乳パック』、『アルミ缶』、『スチール缶』の5種あります。

店舗によってはアルミ缶やスチール缶が無いところがあります。

スポンサーリンク

私が回収ボックスを使用する理由

では、どうして回収ボックスを利用するのでしょうか。市町村のゴミ回収の日に出してもいいのではないかと思われるかもしれません。

私が、回収ボックスを利用する理由は、資源ごみが分別されて、きちんとリサイクルされるのを期待しているからです。

市のゴミの回収も分別されていますが、ほとんどの地域は、分別がおおまかに思えます。可能な限り、資源がリサイクルされることを思うと、スーパーの回収ボックスを利用したくなります。

家庭からスーパーへ資源ごみを使う事で、市が回収するゴミの量が、通常より減りるので、市への負担も減ります。

消費者側にとっても、これらの回収ボックスに資源ゴミを入れれば、市の家庭ごみとして捨てる必要もありません。市の家庭ごみの回収袋は、費用も掛かります。家庭ごみの回収袋を減らす意味でも、回収ボックスを使用した方が節約にもなります。

回収ボックスを利用する時の注意

回収ボックスを使用する時に気を付けないといけないことがあります。

洗って乾かす

すべての資源ごみ(牛乳パック、食品トレイ、ペットボトル、缶)は洗って、乾かしてから持っていきましょう。時々見受けられるのは、洗っていないで入れている人。汚いし、臭いもでます。せっかく他の方がきれいにして、入れているのに、それらも汚れてしまい、本末転倒です。必ず、洗って、乾かしてからにしましょう。

食品トレイの種類

食品トレイはすべての種類を回収してくれるわけではありません。回収ボックスの前に注意書きがあります。白色以外はダメ、白色でも納豆の容器はダメ等。注意書きを読んでください。この分別については、よく間違えている方が多いです。

ペットボトルのキャップ、ラベルを外す

ペットボトルはキャップ、ラベルを外してから入れるようになっています。もちろん、ペットボトルも洗って乾かさないといけません。キャップは、別途、回収する箱があったりします。ない場合は、家庭ごみで捨てましょう。

まとめ

今回はイオングループの回収ボックスについて紹介しましたが、他のお店も資源ごみの回収を行っています。店によっては、いろいろな種類の資源ごみを行っているので、また紹介していきたいと思います。

ただ、心配なのは、店側が資源ごみを回収することによって、利益を得られているのか。確かに、環境問題に貢献している会社として会社のブランド力が上がりますが、リサイクルする費用などがかかるため、このサービスについて赤字になって欲しくないなと思います。最終的にスーパー側に利益が産まれてほしいと思います。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました