トヨタ自動車 2035年までにヨーロッパでの新車を脱炭素車 

環境問題

2021年12月2日、ベルギーのブリュッセルで、トヨタ自動車が2035年までにヨーロッパで販売する新車をすべて脱炭素車にする概要を発表しました。

概要
  • 2035年までにヨーロッパでZEV車(ZEV = zero emission vehicle:脱炭素車)を販売する準備をする
  • 2030年には5割をZEV車にする。
  • ベルギーにおける水素燃料設備のサポート
  • bZ4XというZEV車を展開する

この発表はトヨタのヨーロッパの話なので、日本での展開の話ではありません。

EUでは2030年までに車からの炭素排出を55%に抑える案、2035年までにガソリン車の新車販売禁止の案が提案されています。それに対応できるように、トヨタ自動車が今後の計画を発表したということでしょう。

bZ4Xというのはトヨタが2022年に販売予定の新型電気自動車です。トヨタと言えば、水素燃料電気自動車の開発というイメージですが、bZ4Xはテスラと同じ電池を搭載した電気自動車になります。

2035年というのは10年以上も先になりますが、それまでの間に、多くのガソリン車が電気自動車に置き換わってしまうのかもしれません。となれば、ガソリンスタンドが無くなり、充電スポットという風になるのでしょうか。

電気自動車は二酸化炭素は排出しませんが、バッテリーの寿命がでどれほど持つものなのか気になるところです。電気自動車のバッテリー開発において、容量増、軽量化、長寿命化が研究されていると思われますが、使い終わったバッテリーをリサイクルする技術、環境に優しく処理する技術も開発していってほしい所です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました