デンマーク:2つの人工島 エネルギーアイランドの建設

スポンサーリンク
環境問題

デンマークエネルギーアイランド(Energy Islands)と称される人工島が建設されるニュースがありました(トップの画像はエネルギーアイランドの画像ではありません。)。

REUTERS : UPDATE 2-Denmark to create world’s first energy island in the North Sea(デンマーク、北海で世界初のエネルギーアイランドを建設)

ということで、エネルギーアイランドについて、Danish Energy Agent(以下:DEA)で詳細が書かれているので簡単にまとめてみました。(まだ、不明な部分があるので、随時アップデートしていく予定です。)


スポンサーリンク

エネルギーアイランドとは?

エネルギーアイランドとは、デンマークが北海バルト海に建設する2つの人工島です。

エネルギーアイランドと呼ばれる理由は、この人工島から、電気をデンマークとその隣国に供給をするからです。

また、電力を供給するものは、2つの島に建設される風車からです。つまり、風力発電が行われます。人工島が建設されますが、島に建設されるというわけではなく、海に建設される風車(offshore wind)になります。

今回、ロイター通信の報道で承認されたのは北海の方になります。

場所は?

まずはデンマークの位置から説明します。イギリスの東側でドイツの北側になります。

デンマークの位置(地図はGoogleMapより)

DEAの地図が分かりにくいので、Googleの地図にプロットしてみました。およその位置です。詳しく確認されたい方は、こちらをご覧ください。

建設場所(地図はGoogleMapより)

緑が北海に建設されるエネルギーアイランド、オレンジがバルト海に建設されるエネルギーアイランドになります。

発電電力は?

  • 北海:3GW(ギガワット)、将来的には10GW
  • バルト海:2GW

北海に関しては2033年から稼働予定で、稼働当初は3GWで、将来的には10GWまで上がる見込みだそうです。この3GWという電力は、およそ300万戸の電力をカバーできるそうです。

最後に

DEAのデンマーク語のサイトに記載されていましたが、風車を設置する際の環境アセスメントも実施しているようです。はやり、海上に風車を設置するとなると、海の環境への影響を考えないといけません。その意味で、建設の実施をすることになったということは、環境アセスメントはクリアできているのだと安心しています。

北海の島は2033年稼働と、今(2021年)から12年後という少し先の話ですが、無事に完成して欲しいですね。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました