観葉植物の育てる上での気を付ける事

スポンサーリンク
生活と暮らし

観葉植物の育てる上での気を付ける事をまとめました。

これから、観葉植物を育てようと考えられている方は、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

直射日光を当てない

観葉植物は暖かい国のものが多いので、直射日光は大丈夫と思われがちです。

直射日光を当ててしまうと、葉焼け(葉が茶色になってしまう)を起こしてしまいます

レースカーテン越しに置くのががベストですが、夏場の場合、日差しが強いので、部屋の窓辺から少し離れたところに置くといいと思います。

水を上げすぎない

植物を育てるのが初めての人が陥りやすいのが、水を上げすぎる事です。

水を上げすぎてしまうと、根腐れを起こしてします

多くの観葉植物は、夏であっても、毎日水遣りをする必要はありません。土の表面が乾いてきた時に、たっぷりと水を上げるだけでいいです。但し、冬の寒い時期ならば、たっぷり水を上げると、土が乾きにくいので、鉢全体が湿るぐらいの水遣りにして下さい。

寒さに弱い

観葉植物の種類によって耐寒性が異なりますが、多くは、寒さに弱いです。

観葉植物を購入する際は、耐寒性を調べて、育てられるかどうかを確認して下さい。

大きく育てる為には、数年かけなければなりません。その為には越冬は重要です。冬は暖房を入れて、観葉植物が耐えられる温度を維持するように気を付けて下さい。

葉水を与える

観葉植物の多くは、葉が大きいです。その為、葉から多くの水分を蒸散しますが、吸収もします

その為、葉水を与える事で、葉を潤すことが出来ます。

土が乾いてから水遣りをするので、毎日する必要がありませんが、葉水は、冬場を除き、毎日した方がいいです。

葉を拭う

観葉植物は家の中に置いているので、葉の上に埃が溜まってしまいます

定期的に柔らかい布等で、葉の上を拭き取って上げる必要があります。

葉水を与える事で、葉の上の埃を落とすことも出来ますが、すべて取り切れるわけではないので、定期的に拭いてあげるといいです。

エアコンの風に直接当てない

夏も冬も、エアコンの風に直接当てるのはいけません。

葉に風が当たって、ゆらゆらしてきれいに見えますが、エアコンの風は乾いているので、葉が乾燥してしまい、枯れる原因となってしまいます。エアコンの風が当たらない場所に置くようにしましょう。

100均で購入した観葉植物は土を変える

100均で購入した観葉植物の土は、消毒がされていないのか、虫の卵が含まれている事があるそうです。その為、購入した時は、付いている土を取り除いて、新しい土で植え替えをしてあげましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

観葉植物は世話がかからないので、楽に育てる事が出来ますが、上記のように、若干気を付ける事があります。

そして、気を付けて育てていけば、ずっと、そして大きく育てることが出来ます。

楽しい、観葉植物生活を送りましょう。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました