【WordPress】外部ファイルの保存場所、アクセス方法

WordPress

こんにちは。

今回は外部ファイルの保存場所と、そのアクセス方法を紹介します。

外部ファイルとは

ブログを書くときにはワードプレスの編集画面を使うので、基本的には外部ファイルを使うことはありません。

ただ、ブログに自分の作ったJavascriptのプログラムを使用する際、Javascriptのプログラムファイルをサーバーにアップロードする場合があります。

今回の外部ファイルは、このJavascriptのプログラムファイルのように、ワードプレスで作成されないファイルを指します。

外部ファイルの保存場所

では、外部ファイルの保存場所の説明をしたいと思います。

外部ファイルの保存の方法は、契約しているサーバー会社のウェブサービスの方法でもいいですし、FileZillaなどのFTPクライアントを使ってもいいです。

個人的にはFileZilla等のFTPクライアントをおススメします。

  1. ブログのサーバーにアクセスすると、ブログのドメインのフォルダがあるので、そのフォルダを開いて下さい。
  2. 次に、public_htmlというフォルダがあります。これがブログのメインのフォルダになります。このフォルダ内に、外部ファイルを保存して下さい

おススメは、public_htmlのフォルダに新たにフォルダを作成して外部ファイルを保存することです。例えば、下の場合、public_htmlというフォルダ内に、programというフォルダを作成し、外部ファイルを保存しています。

ファイルのアクセス方法

例えば、javascriptのファイル(test.js)をpublic_htmlに保存した場合、https://ブログドメイン/test.jsでアクセスすることが出来ます。

public_htmlのフォルダに新しくフォルダ(program)を作成し、そこに保存した場合、 https://ブログドメイン/program/test.js でアクセスすることが出来ます。

Javascriptファイルの動かし方

上記のように外部ファイルをアクセスしても、Javascriptの場合、Javascriptのプログラムは動きません。

  1. 編集画面で、カスタムHTMLのブロックを追加します。
  1. 次にカスタムHTMLのブロック内に下記の様なタグを入力します。public_htmlのフォルダ内にprogramというフォルダを作成し、test.jsを保存した場合です。これでJavascriptを動かすことが出来ます。
<script type = "text/javascript" src ="/program/test.js"></script>

もしくは下記の様にしても構いません。

<script type = "text/javascript" src ="//ドメイン/program/test.js"></script>

ワードプレステーマ『Cocoon』を使用している場合

ワードプレステーマ『Cocoon』を使用している場合は、編集画面の下に、Javascriptのプログラムを記載する場所が設けられています。このボックスに直接プログラムを記入すれば、外部ファイルを作成せずに、Javascriptを起動することが出来ます

まとめ

外部ファイル=Javascriptファイルで説明しましたが、他のファイル形式でもアクセスする方法としては同じです。

実際にアクセスして、表示できないなどの不具合が出ましたら、.htaccessというファイルを編集する必要があるかもしれないので、気に留めておいて下さい。

 

役に立った!」と思れましたら、下のSNSボタンで記事のシェアをしていただけると嬉しいです!

 

MARK RYDEN バックパック防水 ビジネスリュック メンズ用 YKKファスナー 30L大容量 盗難防止ラップトップバッグ17インチパソコン対応 黒
MARK RYDEN(マークライデン)
表面素材は傷などがつきにくい高密度の防水生地を使用していますので、耐摩耗性・耐久性を実現しました。軽い雨や水などをこぼしても問題ない。YKKジッパーを使用する、ファスナー周囲の縫製が加固処理して、元よりもっと丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました