【WINDOWS】メニュー横に表示されているアルファベットは何?

アプリ

こんにちは。

今回はメニュー横に表示されているアルファベットについて話したいと思います。

メニュー横のアルファベット

どんなファイルを開いても、メニューの横にカッコで囲まれたアルファベットを見ることがあります。

このアルファベットはキーボードのキーを指していて、キーボードのALTキーと同時に押せば、そのメニューを起動させることが出来ます。

例えば、ファイルメニューを表示させたい場合は、ALTFを同時に押します。次に、その中の新規作成を選びたい場合は、 ALTNを同時に押します。

つまり、マウスを使わずにキーボードだけでメニューを開くことが出来ます。

ショートカット Ctrl キーとの違い

ショートカットを使用されていると思います。

例えば、コピーであれば Ctrl+ C、貼り付けであれば Ctrl+ Vですよね。このCtrlのショートカットはいつでも使えます

しかし、今回のALTキーの場合、ファイルメニューを開いていないと、ALT + N を押しても新規作成はされません。

ALT + N は使えない
ALT + N は使える

つまり、ATLキー+アルファベットのメニューを頭の中で憶えていたとしても、画面に表示させておかないと使えません

おわりに

いかがだったでしょうか。

一般的に、ALTの呼び方はオルトです。オルトキーと呼ばれることが多いです。

英語の “Alternate : 代わりのもの“という意味になります。

今回の用法としては、マウスの代わりということになるのではないでしょうか。

実際には、ALTキーを使うことは無いと思いますが、知識として覚えておいていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました