【FX】2021年5月10日~5月15日、ドル円為替予想 – 雇用統計で大幅下落!

FX

【今週のドル円分析】

今週は指標結果が予想より低い項目が多い週でした。 

指標予想結果
ISM製造業景況指数6560.7
貿易収支-74.3-77.4
ADP雇用統計+850k+742k
失業率5.86.1
非農業部門雇用者数+1000k+266k

金曜日の非農業雇用者数は前回の結果を大幅に上回る予想がされていたこともあり、結果が全くの逆で大幅に下落することになりました。

テクニカル的には日足で三尊を付けた形になっています。

今週の理想のエントリーは緑線赤丸ロング青丸ショート)になります。109円台キープし続ける底堅い状況だったので、金曜日の下落で損失を受けた方が多かったのではないでしょうか。

ドル円1時間足:2021年5月3日~5月8日

今週のレンジ

高値109.696円安値108.338円終値108.589円
先週より下落⇩(先週:高値109.340円、安値107.643円、終値109.336円)

【来週の為替予想】

1.今週の雇用統計結果が低い早期テーパリングの可能性薄ドル売り要因

2.指標予想が全体的に低い⇒ドル売り要因

指標前回予想
消費者物価指数(前月比)+0.6+0.2
新規失業保険申請件数498k500k
小売売上高(前月比)+9.7+1.1

3.日足での三尊の形の形成⇒ドル売り要因

4.日足での新たな下落トレンドの形成の可能性⇒ドル売り要因

雇用統計の結果が芳しく(かんばしく)なかったことから、経済回復の道のりはまだまだ遠いように見えます。来週の指標結果が低ければ、さらにドル売りが加速していくと見ています。ただ、経済回復に向けて進んでいることは確かなので、指標結果が良ければ、金曜日のようなサプライズ、今度は大きく上昇するかもしれません。

来週の予想レンジ

目線:下目線よりのレンジ
高値:109.4円安値:107.5円

ドル円 – 日足

黒枠のボックス(109.2円から107.5円)での動きを予想しています。

サポート(108.4円)を割れば、新たな下落トレンドの可能性を見ています。

今週は指標結果が悪かったので、大きく下落しましたが、経済回復に向かっている途中なので、下落するにしても波を打つ、レンジになるのではないのでしょうか。

重要なラインとして、109.2, 108.9 108.4, 108.05円付近を見ています。

2021年5月10日~5月15日 ドル円予想 日足

クイズを解いて勝率アップ!FXチャート&資金管理 実践トレーニング
ソーテック社
チャートが見える、読める!ライン分析、トレンド、ダウ理論、MACD、RSIを使って、チャートと資金管理をクイズ形式で、今後の相場を読むトレーニング本です!

Youtube動画

今週の収支はYoutubeに掲載しています。

【MT4】ABCインジケーター 自信作!?

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料。メンバー勧誘などありません。安心してご使用下さい。SNSで宣伝してくれると嬉しいです)。まあまあの自信作揃いです。

Twitter

FXに関して呟いています。
是非、Twitterのフォローもお願いいたします。

<<前回の為替予想 次回の為替予想>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました