【FX】2022年5月23日~5月28日 ドル円為替予想

FX

【今週のドル円分析】

今週の主な指標結果

今週の主な指標結果
日付時刻指標前回予想結果
5/16(月) 21:30 ニューヨーク連銀製造業景気指数 +24.6 +15.0 -11.6
5/17(火) 21:30 小売売上高[前月比] +1.4% +1.0% +0.9%
21:30 小売売上高[除自動車][前月比] +2.1% +0.4% +0.6%
22:15 鉱工業生産[前月比] +0.9% +0.4% +1.1%
22:15 設備稼働率 78.2% 78.6% 79.0%
5/18(水) 3:00 パウエル議長イベント参加******
21:30 住宅着工件数 172.8万件 175.6万件 172.4万件
21:30 住宅着工件数[前月比] -2.8% -2.1% -0.2%
21:30 建設許可件数 187.0万件 181.4万件 181.9万件
21:30 建設許可件数[前月比] +0.3% -3.0% -3.2%
5/19(木) 21:30 フィラデルフィア連銀景況指数 +17.4 +15.0 +2.6
21:30 新規失業保険申請件数 19.7万件 20.0万件 21.8万件
21:30 失業保険継続受給者数 134.2万人 132.0万人 131.7万人
23:00 景気先行指標総合指数[前月比] +0.1% 0.0% – 0.3%

今週の振り返り

ドル円1時間足:2022年5月16日~5月21日

先週の週足の陰線から、今週も陰線に終わり、130円を付けることはありませんでした。

今週は多くの指標が悪い結果となりました。特に5月19日フィラデルフィア連銀製造業景気指数、新規失業保険申請件数が発表された後には、127.2円まで下落する結果となりました。

パウエル議長の発言はタカ派に見えましたが、大きく上昇することはありませんでした。6,7月のFOMCの利上げは50bpと予想されていますが、エバンス(シカゴ連銀総裁)がその後の金利が25bpに移行という予想ということで、今まで続いたドル円の勢いがなくなったのかもしれません。

長期金利も下落が続き2.7%になっており、ドルの勢いがなくなっている要因かもしれません。

今週のレンジ

高値129.77円安値127.02円、終値127.88円
先週より下落(先週:高値131.34円、安値127.51円、終値129.31円)

【来週の為替予想】

来週の主な指標予想

来週の主な指標予想
日付時刻指標前回予想
5/23(月) 21:30 シカゴ連銀全米活動指数 +0.44 +0.50
5/24(火) 22:45 製造業PMI 59.2 57.8
22:45 非製造業PMI 55.6 55.3
22:45 総合PMI 56.0 55.5
23:00 新築住宅販売件数 76.3万件 75.0万件
23:00 新築住宅販売件数[前月比] -8.6% -1.7%
23:00 リッチモンド連銀製造業指数 +14 +10
5/25(水) 21:30 耐久財受注[前月比] +1.1% +0.6%
21:30 耐久財受注[除輸送用機器][前月比] +1.4% +0.6%
5/26(木) 3:00 FOMC議事録公表****
20:05 黒田総裁発言機会****
21:30 新規失業保険申請件数 21.8万件 21.0万件
21:30 GDP[前期比年率] -1.4% -1.3%
21:30 個人消費[前期比] +2.7% +2.9%
21:30 失業保険継続受給者数 131.7万人 131.0万人
5/27(金) 21:30 個人所得[前月比] +0.5% +0.5%
21:30 個人支出[前月比] +1.1% +0.7%
21:30 PCEデフレーター[前年比] +6.6% +6.2%
21:30 PCEコア・デフレーター[前月比] +0.3% +0.3%
21:30 PCEコア・デフレーター[前年比] +5.2% +4.9%
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 59.1 59.1

来週の為替予想

1.ダウの下落。⇒リスクオフ。⇒ドル売りの可能性

2.米10年長期金利 2.7%に下落ドル売りの可能性

3.日米の金利差は拡大の方向。⇒ドル買いの要因

4.予想が低い指標が多い。⇒ドル売りの可能性

5.5月26日 黒田総裁発言機会。⇒円安容認発言ならドル高の方向

6.4時間足の移動平均線75で抑えられる。⇒下落の傾向

GDPの予想は前回の結果よりも上昇していますが、数値的にはマイナスです。また、その他の指標予想も前回の結果を下回るものが多いです。よって、今まで大きく上げた調整を踏まえて、来週も上値が重くなるのでしょうか。

大きくは話題になっていませんが、欧米で新たな感染症の報道があり、拡大になれば、リスクオフの円買いになるかもしれません。

しかし、ショートポジションが多いので、大きく下落しないと見ています。

来週の予想レンジ

目線:レンジ
高値:129.7円安値:125.1円

ドル円 チャート予想

2022年5月23日~5月28日 ドル円予想 4時間足

黒枠のボックス(129.7円から125.1円)での動きを予想しています。

4時間足の移動平均線75中期に抑えられていることから、上昇しても再び抑えられる可能性があります。

127円を割ってくると、サポレジ転換になるかを見て、方向を確認したいところです。

再来週に雇用統計があるので、来週は大きく崩れず、下落したとしても125円ぐらいで支えられるのでしょうか。

 

【MT4・MT5】ABCインジケーター

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4・MT5のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料。メンバー勧誘などありません。安心してご使用下さい。SNSで宣伝してくれると嬉しいです)。まあまあの自信作揃いです。

Twitter

FXに関して呟いています。
是非、Twitterのフォローもお願いいたします。

前回・次回の為替予想

*上記MT4チャートはJFX株式会社のMT4を使用しています。
*指標カレンダーはGMOクリック証券、JFX株式会社を参照しています。

FX
スポンサーリンク
フォローする
OPTY LIFE(オプティライフ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました