英国で2020年4月から一部のプラスチック製品禁止

スポンサーリンク
環境問題

CNNのニュースで、英国で2020年4月から一部のプラスチック製品の禁止されるというニュースが報じられました。

CNNのニュースリンク

プラスチックのストロー、スターラー(コーヒーをかき混ぜる時についてくる小さいスプーン)、綿棒が2020年4月から禁止されるとのことです。

プラスチックゴミによる海洋汚染問題が深刻化していることに対して、英国が真剣に捉えていると感じます。素晴らしいです。

この記事の中で書かれている事で、気づかされたことがあります。下記が抜粋の文章です。

原文:”These items are often used for just a few minutes but take hundreds of years to break down, ending up in our seas and oceans and harming precious marine life

これらのもの(ストロー、スターラー、綿棒)はたった数分しか使われず、分解するまで何百年もかかる。最終的に海に流れ、貴重な海洋生体を汚染してしまう。

本当にそうです。使い捨ての物は、たった数分、数秒しか使いません。特に、かき混ぜるスターラーはかき混ぜる時しか使わないので、数秒です。それが貴重な海を汚してしまう。私は、海だけじゃなく、陸上の生命体も汚してしまうと思います。

英国が一番に、プラスチックゴミに対しての対処を実施するというのは、さすがだなと思います。産業革命もイギリスから始まりましたから、環境革命もイギリスから始まるのかなと。各国も続いて行ってほしい、特に我が国、日本。

2019年5月初めに、プラスチックゴミの制限について、アメリカ以外の187か国が同意したそうです。残念ながら、アメリカは同意しませんでしたが、アメリカのコーヒーのチェーン店のスターバックスが2020年までにプラスチックのストローを禁止するとしています。こういうことを率先してやっていくのがアメリカなのですが、政府よりも、企業の方がアメリカらしいと思います。

日本においても、各社企業がレジ袋に対しての廃止を発表や有料化をしています。これから、もっと多くの企業がこの方向に動いて行って欲しいと思います。

また、人々の間にも、プラスチックゴミがどれだけ環境に害になっているかが浸透していけばと思います。環境問題を軽視しているスーパーなどで買い物をしたくないと思わせるような、考えになっていって欲しいですね。

ところで、海外の綿棒の棒のところがプラスチックになっているそうです。私は、100均の綿棒を使っていますが、棒は紙製になっているので、自然環境には優しい作りですね。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました