メキシコ:サボテンから燃料 – バイオ燃料

スポンサーリンク
環境問題

World Web Forum : This Mexican company is making biofuel from cactus plants(メキシコの会社がサボテンからバイオ燃料を製造)
https://www.weforum.org/agenda/2019/03/mexican-company-making-biofuel-from-nopal-cactus-plants

Nopalimexというメキシコの会社がサボテンからバイオガスを作っています。

。化石燃料の販売コストの最大で33%安く、1立方メートルあたり12ペソ(2020年1月20日のレート約71円)とのこと。この1立方メートルのガスは化石燃料の1リットルに相当します。このバイオガスは市のバスに供給されています

サボテンから取れる燃料の量はトウモロコシやサトウキビから取れる量よりも多いとのこと。バイオ燃料は食べ物への供給が少なくなってしまう懸念がありましたから魅力的です。

また、このサボテンは他にもいい所があり、繁殖しやすく成長しやすいとのことです。そして汚染された土壌を浄化することが出来、海水でも育つとのことです。サボテンは砂漠でも育つようなものだから、植物の中でも厳しい環境には強いというのは想像がつきます。

バイオ燃料は様々な原料から製造されています。どのバイオ燃料が標準になるかというのではなく、それぞれの地域によって様々なバイオ燃料が使われていくことが標準になっていくような気がします。バイオ燃料は植物の成長過程で温室効果ガスが吸収されるということで、燃料に変わって消費されたとしても、プラスマイナスゼロと言われています。世界中でバイオ燃料が使われ始めれば、地球温暖化の進行を抑えることが出来るかもしれません。また、このプラスマイナスゼロが、成長過程で吸収される温室効果ガスの方が多いと証明できれ、またそういうバイオ燃料が製造出来れば、確実に地球温暖化の進行を抑えることが出来るでしょう。

Nopalimexのホームページです。残念ながら英語ではありませんがGoogleの自動翻訳を使えば十分読めますので、是非ご覧になってはいかがでしょうか。。
http://www.nopalimexgasyenergia.com

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました