【FX】2021年5月31日~6月5日、ドル円為替予想 – 4月6日ぶりの110円台

FX

【今週のドル円分析】

今週の主な指標結果
指標前回予想結果
製造業PMI60.560.261.5
中古住宅販売件数601万件607万件585万件
新築住宅販売件数91.7万件95.0万件86.3万件
新規失業保険申請件数44.4万件42.5万件40.6万件
GDP[前期比年率]+6.4%+6.5%+6.4%
個人所得[前月比]+20.9%-14.2%-13.1%
個人支出[前月比]+4.7%+0.5%+0.5%
ミシガン大学消費者信頼感指数82.883.082.9

参照:GMOクリック証券

金曜日に4月6日ぶりの110円台を付けました。

クオールズ副議長のテーパリング議論の発言バイデン大統領の6兆ドルの年間歳出の報道が続き、長期金利上昇、オプション、ロスカットを巻き込み大きな上昇になったと見られます。

GDP、個人所得、支出等は低かったので、指標は大きく影響しなかった週に見えます。

テクニカル的には、三尊形成せずに上昇、109.8円のレジスタンスを破った形です。

今週の理想のエントリーは緑線赤丸ロング青丸ショート)になります。ファンダメンタルを注視していた方にはやりやすい相場だったと見えますが、レンジでの動きを追っていた方には厳しかったのではないでしょうか。

ドル円1時間足:2021年5月24日~5月29日

今週のレンジ

高値110.198安値108.559円終値109.853円
先週より上昇⇧(先週:高値109.5円、安値108.571円、終値108.952円)

【来週の為替予想】

1.月曜日5月31日は米国休日(戦没将兵追悼記念日)⇒薄商い⇒大きく動く可能性

2.月末のロンドンフィックス。⇒ドル買い要因

3.指標はPMI、ISM、ADP、雇用統計と重要な指標が多い週。予想は良が多い(木曜ADPだけが低い)。⇒ドル買い要因

来週の主な指標結果
指標前回予想
製造業PMI61.561.5
ISM製造業景況指数60.761.0
MBA住宅ローン申請指数[前週比]-4.2%
ADP雇用統計+742千人+690千人
新規失業保険申請件数40.6万件41.0万件
非農業部門雇用者数+266千人+678千人
失業率6.1%5.9%

参照:GMOクリック証券

4.6兆ドル歳出計画、テーパリング議論。⇒ドル買い要因

5.日足、三尊を形成せず、109.8円のレジスタンス抜け。⇒上昇トレンド

6.日足、4日連続陽線。⇒調整の下げの可能性ドル売り要因

ドル円が底堅いと思わせる週になりました。指標が良ければ、111円を付ける可能性もあるとみています。ただ、6兆ドル歳出計画で富裕層の増税議論が再燃しないかと慎重に見ていきたいです。。

来週の予想レンジ

目線:上目線
高値:110.9円安値:108.5円

ドル円 – 日足

黒枠のボックス(110.9円から108.5円)での動きを予想しています。

波のパターン的には、107円から上下、上下で、今週上昇し、来週あたりに下降するように見えます。
しかし、好指標や、109.8円でしっかりサポートされれば、111円に向けての動きになってくるのではないでしょうか。また、109.4円を割れれば、108円に戻る可能性があるので注意したいです。

重要なラインとして、110.2、109.8, 109.4, 109.2, 109.9、108.7円付近を見ています。

2021年5月31日~6月5日 ドル円予想 日足

クイズを解いて勝率アップ!FXチャート&資金管理 実践トレーニング
ソーテック社
チャートが見える、読める!ライン分析、トレンド、ダウ理論、MACD、RSIを使って、チャートと資金管理をクイズ形式で、今後の相場を読むトレーニング本です!

Youtube動画

今週の収支はYoutubeに掲載しています。

【MT4】ABCインジケーター 自信作!?

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料。メンバー勧誘などありません。安心してご使用下さい。SNSで宣伝してくれると嬉しいです)。まあまあの自信作揃いです。

Twitter

FXに関して呟いています。
是非、Twitterのフォローもお願いいたします。

<<前回の為替予想 次回の為替予想>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました