FX月間収支報告 – 2020年7月 – 含み損増、決済損益が3か月連続プラス

スポンサーリンク
FX

2020年7月のFXの月間収支報告をします。

スポンサーリンク

2020年7月結果

決済損益 ¥144,990円
含み損益 -¥3,859,590円
スワップ損益 24,115円
月間損益 -¥3,690,485円

2020年7月FX収支

決済損益で3か月連続プラス、含み損が増!!

決算損益が3か月連続プラスになりました。

が!!!

含み損が増えてしまいました

7月下旬の円高で、決済出来なく、結果含み損が増えてしまいました。

107円~106円台のロングのロットなので、108円になったら売ろうと思っています。

しかし、このまま、円高が進んでしまうと、取引が出来なくなってしまうので、ヤバそうになったら、108円を待たずに、利益が出た時点で決済していこうと思います。

今月も操作ミスなし

改めて、ソフトウェア(FX会社の発注のソフト)の操作ミスが無かった事を、嬉しく思います。

操作ミスをしないという、当たり前のことではありますが、この当たり前をミスる時があります。そして、ミスした場合に、大きな損失となってしまう可能性があり、その時の精神的ダメージは、想像以上で、後の取引きにも影響してしまいます。

本当によかったです。

来月も、操作ミスを起こさないように、注意していこうと思います。

みなさんも、本当に気を付けて下さいね。

まだ自分に半信半疑

自信があっても、エントリーや決済する際に、自分の考えに半信半疑になって、思ったようなエントリーや、利益を伸ばすことが出来ない時があります。

7月は、それで、エントリーが遅くなったり、利益を伸ばせなかったりということが何度かありました。

8月は、この感情の修正を意識して、淡々とエントリー、利益伸ばしをやっていきたいと思います。

必ずしも、思うに行くことということはありませんが、うまく行けば、自分の自信に繋がっていくと思っています。

8月の抱負

FXを始めて2年目を迎えました。

1年、生き抜けてよかったです。

8月はホリデイシーズンなので、薄商いになり、為替の急変動が起こりやすいと言われています。

そういう理由で、一部の、個人投資家の方は、フルで休む人もいます。

私は、休むつもりはありませんが、エントリーはいつもより少なくしようと思っています。

2,3月の玉と、7月でさらに玉が増えたので、危ない8月相場に、さらにエントリーして取り返しがつかなくなってしまうといけないので、本当に、自信が持てる時だけ、エントリーするだけにするつもりです。

なので、8月は、利益がなくても、『生き残る』を目指したいと思います。

昨年のツイッターでは、8月は爆益報告が多かった反面、爆損も多かった記憶があるので、みなさんも気を付けて下さい。

アノマリーについて調べてみた

アノマリー
英語:Anomaly

アノマリー(Anomaly)とは、現代ポートフォリオ理論や相場に関する理論の枠組みでは説明することができないものの、経験的に観測できるマーケットの規則性のことです。

anomalyは「変異性」と訳されることが多いのですが、文字通り、説明しきれない「変な」「異質な」事象といえます。このアノマリーなどをうまく利用して、市場平均を上回る運用成果を目指す運用手法はアクティブ運用のひとつです。(SBI日興証券からの引用

8月のアノマリーは、『円高』です。

ただ、ドル円は、105.8円台(2020年8月2日現在)なので、十分に円高なんですよね。

なので、アノマリー通りに、円高になるのだとすると、100円を割り込んでしまうことがあるのかもしれませんし、8月前半は円安で、後半に急激な円高になるというシナリオもあります。

いずれにしても、8月は薄商いになるので、急変動がいつ来てもおかしくないので、慎重に取引したいですね。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました