FX月間収支報告 – 2020年10月 – 含み損が上昇中

スポンサーリンク
FX

2020年10月のFXの月間収支報告をします。

スポンサーリンク

2020年10月結果

決済損益 ¥7,990円
含み損益 -¥5,219,240円
スワップ損益 24,496円
月間損益 -¥5,186,754円

2020年10月FX収支

決済損益が1万円未満、含み損が増える

含み損のロット数が108ロットと、先月より2ロット増えました。ドル円のロングポジションです。

10月上旬に2ロット増えた状態になったので、そのロットを解消するまでは、エントリーを控える事にしていました。結局、そのロットの値段まで上がってくることは無かったので、含み損ロットが増えた状態になってしまいました。

損切しておけばよかったなと、反省しています。

ただ、先月のエントリースタンスとして、エントリーは控え、負けないということだったので、それは守れたと思います。まだポジポジ病なら、もう少しエントリーして含み損を増やしていたと思います。

10月は大統領選前の月という事もあり、難しかったです。何度か上昇していくのかと思いきや、上値が重く下がっていく形となりました。やはり、まだまだ経済が元に戻っていないことと、大統領選前ということもあり、悲観的に捉えてる(リスクオフ)状況であったと思います。

104、105円は、ここ数年の状況を見ると、安いほうなので、いつかは上がっていくという見方ですが、自分の負けている状況を見ると、考え方を変えていかなと行けないと思っています。まだ、下がっていくという可能性もありますからね。

今月の投資スタンス

今月のスタンスとしては、大統領選までは、エントリーはしない。先月と同様にロット数を減らすまでは、エントリーは控える。新たにエントリーする場合は、損失に向く場合は、必ず損切をする

上記を守ろうと思います。

世界的に第二波で、経済復興が危ぶまれている状態です。なので、大統領選に関係なく、リスクオフ、円高は継続されていくかもしれません。

2020年アメリカ大統領選

2020年のアメリカ大統領選は、トランプ大統領とバイデン候補で争われます。

トランプ大統領が2期連続で大統領になるかという所に注目したいと思います。

1993年のビル・クリントン元大統領からジョージ・ブッシュ元大統領、バラク・オバマ元大統領の3名に渡って、ずっと2期連続、大統領に選出されています。24年間、ずっと、アメリカの大統領が2期連続当選なのです。

今回の大統領選に関しては、バイデン候補が優勢とされており、また、米大統領選のノストラダムスと言われているアラン・リクトマン教授もトランプ大統領の再選が難しいと判断されています。

9回連続予想を的中させた“大統領選のノストラダムス”が断言「トランプは…」(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 2016年の大統領選でドナルド・トランプの勝利を予測した唯一の男、アラン・リクトマン教授にインタビューした。彼は1984年から現在まで9回の大統領選の勝者をすべて的中させてきたので「大統領選のノス

トランプ大統領はダウの最高値を更新したという功績があり、もしトランプ大統領が再選しなければ、ダウ下落、ドル円下落のリスクオフに走るかもしれません。

大統領選は日本時間では3日夜から4日に渡ります。この両日に限っては、ダウもドル円もかなり激しい動きになると思われます。またスプレッドも大きく動くかもしれません。

大きく勝負に出る人もいるかもしれませんが、一方方向に大きく揺れるとは考えられない、往復ビンタを食らうような動き方だとになると思われるので、直ぐに利確をした方がいいかもしれません。

私は、この3日、4日はエントリーはしないで、様子見する予定です。


【MT4】ABCインジケーター

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料ですので安心して下さい)。

こちらABCインジケーター

【MT4】ABCインジケーター 一覧
今まで作成したMT4用のインジケーターの一覧です。興味のある方はご利用ください。『ABC-RCI-Alert』RCIにアラーム音機能が付いたインジケーター『ABC-ONDBar3NUM』OANDAポジションを数字化するインジケーター...

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました