GIMPでグレースケール(白黒)効果を付けてみよう!

スポンサーリンク
アプリ

GIMPグレースケール(白黒)効果を付けてみると、画像がシックな雰囲気になりますよね。

加工前の画像


加工後の画像

また、白黒ではなく、色を付けてみると下のようになります。

レンガ風の色

今回は普通のグレースケールに加えて、色も付けた処理についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

普通のグレースケール(白黒)

まずは、『メニュー』の『ファイル』⇒『レイヤーとして開く』で、グレースケールの処理をしたい画像を選んで下さい。

メニュー』の『画像』⇒『モード』⇒『グレースケール』を選ぶと画像がグレースケール処理されます。

グレースケール処理後

このグレースケール処理された画像の濃淡を変更したい場合、『メニュー』の『色』『明るさ・コントラスト』を選びます。

明るさ・コントラストの設定

そして、『明るさ』のカーソルを左右に調整すると、画像の濃淡を変更させることが出来ます。

明るさを暗くした場合


明るさを明るくした場合

色を付けたい場合

まず、上記のグレースケール処理をします。

そして、『メニュー』の『画像』⇒『モード』⇒RGBに戻します。

新しくレイヤーを追加し、グレースケール処理した画像の下に移動させます。

グレースケール処理した画像は目のマークをOFFして非表示にして下さい。

レイヤーを追加し、グレースケール処理した画像を非表示

そして『塗りつぶし』ツールで新しいレイヤーを塗りつぶします。

新しいレイヤーを塗りつぶす

次に、『グレースケール処理した画像』を非表示にして、右下の『グレースケール処理した画像』のサムネイルをダブルクリックすると、『レイヤー名の変更』のウインドウが出てきます。

そして、『不透明度』を調整します。こうすると、『グレースケール処理した画像』が透き通るようになります。

出来上がりました。

このように色を付行けたい場合は、処理を行ってみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。

古風な雰囲気にしたかったりする時は、グレースケールがぴったりですよね。また色を付ける事によって、さらに雰囲気を変える事が出来ていいですよ。

是非、トライしてみて下さいね。

この記事が参考になりましたら、下のSNSシェアボタンでシェアしていただけると嬉しいです

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました