オックスフォード大学:二酸化炭素からジェット燃料に変換

環境問題

英国:オックスフォード大学の研究チームが二酸化炭素から金属の触媒(FE-Mn-K)を使ってジェット燃料に変換する方法を発表しました。


Nature : Transforming carbon dioxide into jet fuel using an organic combustion-synthesized Fe-Mn-K catalyst

Transforming carbon dioxide into jet fuel using an organic combustion-synthesized Fe-Mn-K catalyst
Design and discovery of catalysts to make clean energy and mitigate the harmful effect of greenhouse gases remains a massive challenge. Here the authors report ...

Forbes : These Oxford Scientists Just Created Carbon-Neutral Jet Fuel From CO2

These Oxford Scientists Just Created Carbon-Neutral Jet Fuel From CO2
A team of researchers at the University of Oxford have revealed what they say is a cost-effective and efficient way of producing jet fuel from carbon dioxide, o...

紹介された方法は、二酸化炭素をメタノールに変えて、そしてジェット燃料にします。二酸化炭素を燃料に変える技術は確立されていますが、この方法で使用される触媒の金属のFE-Mn-Kは、今までに使用されていた触媒よりも安価で、製造コストを下げることに貢献出来ます。

また、製造コストを抑える為には、大気中から二酸化炭素を取り込む技術の発展と、もう一つの原料の水素のコストがカギにになります。効率的に大気中から二酸化炭素を取り込めれば、原料となる二酸化炭素の量が増えます。また水素が自然エネルギーで製造されればコストも下がり、水素製造の過程で二酸化炭素排出を抑えることが出来ます。これらの技術は、今後発展していくと思われるので、二酸化炭素からジェット燃料を安価で製造できることが出来るかもしれません。

ジェット燃料においては、バイオ燃料が有力視されていますが、二酸化炭素のジェット燃料と組み合わされれば、化石燃料は不要になる日が来るかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました