FX月間収支報告 – 2021年6月 – ドル円111円突破

FX

2021年6月結果

月間収支報告です。

決済損益84,430円
含み損益-961,900円
スワップ損益2,545円
月間損益-874,925円
2021年6月FX収支

先月のドル円の振り返り

先月のドル円の値動き

高値111.120円、安値109.188円、始値109.548円、終値111.106円

6月の一番注目されたのは、6月17日のFOMCではなかったでしょうか。

政策金利は据え置きでしたが、2023年までに利上げを2度行うことを示唆、そして7人のFOMCメンバーは2022年に利上げを予想しているこで、ドル円が109.8円から110.8円を付ける上昇になりました。

FOMC後は一旦は下がりましたが、翌週にはさらに伸びて111円台を付け、月末には111.12円と年初来の高値更新をしました。

6月も10年国債長期金利の動きに左右されましたが、1.6から1.4に落ちるにも関わらず、ドル円が高値を維持しています。長期金利の影響もそろそろなくなるのかもしれませんね。

2021年6月10年国債

4時間足では、高値切り上げ、安値切り上げで典型的な上昇トレンドになっています。

4時間足

先月の投資の振り返り

先月のエントリーはすべて決済出来ましたが、4月からのショートポジション(108円台)が含み損として残っています。

6月はロングエントリーが正解の相場でしたが、私のエントリーはほぼショートエントリーでした。

ここ数年では、109円、110円という価格帯は高値水準なので、ロングエントリーは、なかなか出来ませんでした。

また、今持っている含み損のロングのポジションの保有期間が長いので、これ以上、高値でのロングポジを持ちたくなったというのもあります。

ただ、純粋に上昇トレンドなので、押し目を狙っていくべきだったというところもあり、なかなか自分の予想した通りにいかないというのを改めて感じさせられました。

また、現在(7月1日12時時点)のポジはロング50ロット、ショート21ロットで、先月より16ロット減らす事が出来たので、結果的には良かったです。

自分の計画としては、ショートポジを解消してからロングポジを解消というシナリオを立てていたのですが、どうやらロングポジの方が早く解消されてしまいそうです。

その為、マイナススワップとどう付き合っていくかが、今後の課題となりそうです。

クイズを解いて勝率アップ!FXチャート&資金管理 実践トレーニング
ソーテック社
チャートが見える、読める!ライン分析、トレンド、ダウ理論、MACD、RSIを使って、チャートと資金管理をクイズ形式で、今後の相場を読むトレーニング本です!

[投資知識] FOMCの人数

2021年6月のFOMCでは、7人が2022年の金利上昇を示唆しているということで、FOMCには何人いるかを調べてみました。

FRB(https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/fomc.htm)のホームページによると、12人います。

内訳は以下の通りです。

  • 連邦準備制度理事会の理事 7人
  • ニューヨーク連銀の総裁 1人
  • 11の地区連銀総裁 4人

11の地区連銀総裁4人については、4つのグループから1人ずつ選ばれ、1年毎に入れ替わるそうです。

4つのグループの内訳は、以下の通りです。

  • ボストン、フィラデルフィア、リッチモンド
  • クリーブランド、シカゴ
  • アトランタ、セントルイス、ダラス
  • ミネアポリス、カンザス、サンフランシスコ

また、毎月の指標で連銀指数が発表されますが、ニューヨークと上記の11地区の指標と言うことが分かりますね。

【MT4】ABCインジケーター

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料ですので安心して下さい)。

こんなインジケーターがあればいいなというアイデアがあれば、お知らせください。私が面白いなと興味を持てて、作成できそうであればチャレンジしたいと思います。

ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ"
ぱる出版
及川圭哉 30万を約3年で4億突破させた異才、月間1500pips超を安定して稼ぐ秀才などなど、「実戦で勝ちまくるトレーダー」を多数輩出、常勝トレーダー集団“FXism”主宰者によるデイトレ技術を初公開!

< 先月の収支報告 次月の収支報告 >

*チャートと価格に関してはJFX株式会社の情報を参照にしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました