平和への祈り – 広島の原爆投下から74年

日記

74年前の8月6日に広島に原爆が投下されました。

その当時の事を想うと、今の生活がどれほど幸せなのかが身に染みます。

戦争がない時代に生まれた私たちにとっては、平和が当たり前になっています。しかし、日本で戦争がなくなってから、たった74年しか経っていません。

ほんの少し前まで、日本で戦争が起きていたんです。

今の日本で、戦争が起こるという事は想像できますか?当たり前ですが、今では、日本の国民全員が戦争に反対です。それは、戦争が間違っていたという悲劇の歴史があるからです。

しかし、当時は戦争が正しいか、間違っているかの判断がありませんでした。悲劇の歴史が無かったからかもしれません。

平和な日本になったのも、戦争での数々の悲劇があったからです。もう繰り返してはいけません。

世界の一部では、まだ内部闘争や戦争が起こっています。平和な世界は当たり前ではありません。私たち全員が維持していかなければなりません。なぜ維持していかなければならないのか、それは過去の悲劇を繰り返さない為です。

その過去の悲劇を忘れない為にも、この8月6日に広島に原爆が投下された日を忘れてはいけません。

戦争のない時代が来ますように。世界が平和でありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました